沖縄の素晴らしい所を取り上げる

国内旅行で人気の沖縄。暖かい気候と南国ならではの美味しい食べ物、そして何と言ってもエメラルドグリーンがキラキラと輝く海が素敵な場所ですね。

日本なのにまるで海外へ行ったような感覚を感じることもできる沖縄はたくさんの魅力が集まっています。今ではたくさんの人が旅行などで沖縄を訪れていますが実は歴史にも深い関係があるのです。そんな沖縄の歴史や人気スポット・地元の人が教える穴場など次に訪れるときの参考にでもなればと沖縄についていろいろ調べてみました。

沖縄には車などで行ける瀬底島や古宇利島、船や飛行機で行く石垣島や宮古島など有無島合わせて113島あると言われています。小さな島国ですがそれぞれの島には伝統や言葉が違い独自の文化を持っています。沖縄旅行と一言で言っても行く島によってはまったく違う感覚を味わうことができそれもまた魅力のひとつとなっています。

日本の南西部に位置し亜熱帯地域でとても暑いイメージがありますが一年中を通して気温の差がそれほど大きくなく実は過ごしやすいのです。夏は日差しが強く直射日光を当たるとピリピリと痛く感じることもあるのですが日陰に入ると海から流れてくるそよ風が涼しくそれほど暑さを感じません。

他の県のように春や秋の中間の季節がほとんどなく自然に冬が訪れ凍える寒さなど感じずに過ごせます。夏の気温の高さも実は本土のほうが高いことが多いのです。しかしやはりお昼の紫外線はものすごく強いため夏の旅行には紫外線対策をばっちりやらないと夜に痛い思いをしてしまいますので気をつけましょう。

沖縄は太平洋戦争で日本の中でも唯一地上戦が行なわれたくさんの民間人も犠牲になりました。戦争終結後もアメリカの占領下におかれアメリカと同じように流通化はドルを使い道路も右側通行でした。1972年5月15日に日本に返還され沖縄もはれて日本のひとつとなりましたがこれにはたくさんの密約があったとされています。

その名残で多くの米軍基地がある沖縄には県民とアメリカそれに日本政府との間に大きな問題をかかえており対立が続いています。基地があることで苦しめられてきた県民と基地があることで守っている。

日本政府との話し合いはいつも平行線をたどっておりなかなか解決しないこの問題にたくさんの県民が不安を覚えているのも今の沖縄にとっては現実問題となっています。戦争を知らない若者もこの問題は平和や戦争といったこととは何かを考えさせる機会なのかもしれません。