味はそこそこでボリューム満点

沖縄グルメの王道は沖縄そば。そば粉ではなく小麦粉でできている平たい麺が特徴です。

具には豚肉でできているソーキや三枚肉・かまぼこ・ネギが定番です。しかし地域により麺や具やスープに違いが合って種類的にはとても数えられません。

ラーメン店のように沖縄そば屋も数多くあるのでお店が違えば味も全然違い沖縄の人はそれぞれ好きな味のお店をひとつは持っていると思われています。沖縄そばの薬味のひとつに『コーレーグース』というものがあります。島唐辛子を沖縄のお酒泡盛で漬け込んだ調味料なのですがこれを入れるだけ変わった味を楽しむことができます。

独特の香りと味を味わうことができるのですが注意していただくことは入れすぎないようにすることです。原料は島唐辛子なのでどぼどぼ入れてしまうと熱い沖縄そばと混ざり火を吹いたような熱さに見舞われてしまいます。始めは数滴から試してみて味見しながら自分好みの味にしていくといいでしょう。

タコライスも今では沖縄定番のグルメです。タコライスの具であるひき肉・チーズ・トマト・レタスをご飯の上にのせサルサソースをかけて食べられています。沖縄ではコンビニやスーパーにも必ず置いてあり学校給食でも出されています。

発祥は1980年代米軍基地(キャンプハンセン)がおかれている金武町にある飲食店が当時円高によって外食から遠ざかっていた米兵たちをまた呼び寄せるためボリュームとコストを考え生み出された結果タコライスが誕生されたといわれています。

具は同じなのにトルティーヤで包まれているタコスとご飯の上におかれているタコライスとでは全然違った味わいがあり南国ならではの料理にとても似合った感じがします。

ぶっちゃけタコライスは材料が簡単なのでどこでも作れると思いますがやはり発祥の地で食べる方が倍に美味しく感じられると思いますので沖縄に来て食べることをおススメします。

沖縄はステーキのお店もたくさんあります。やはりアメリカの占領下にあった名残だと思われますが、大食いのアメリカ人も食べていたためとてもボリュームが多いのが特徴です。それに24時間営業をしているステーキ屋もたくさんあり沖縄の人は飲み会の後ステーキ屋に寄って食べて帰ることも珍しくはありません。

これはテレビでも紹介され今では観光客も真似して泡盛を味わった後に寄るという観光地のひとつとなっています。胃袋も心配ですが沖縄グルメを楽しむために一度挑戦してみてはいかがでしょうか。