南国特有の食材を使用したスイーツ

沖縄の人にとってぜんざいとは夏に食べることが主流となっています。

金時豆や小豆を甘く煮立てその上に氷を載せるカキ氷スタイルだからです。元々は緑豆と大麦で作る「あまがし」と呼ばれるものが沖縄でのぜんざいとされていましたが戦後冷蔵庫の普及と共に氷を乗せるようになりました。

この昔ながらの「あまがし」は沖縄のスーパーなどで缶詰として今も売られており自宅でぜんざいを作る際にはわざわざイチから金時豆などを作らずこちらを使ってぜんざいにする家庭が多くあります。

簡単なのでお土産としても人気とされています。沖縄ではデザートの定番とされているので定食やランチのセットにもぜんざいがついているお店がたくさんあります。沖縄には地元の人が足蹴なく通うぜんざい屋が多数あり中でもぜんざいと言えば『富士屋』と答える人が多いことでしょう。

『富士屋』のぜんざいは氷にも金時豆の煮汁を使っているため溶けても味が薄くならず溶けた汁まで味わうことができます。また大型スーパーにも屋台風に店舗を置いてあって持ち帰る時間に合わせて氷の硬さが調整されているので丁度良い食べごろ味わえるところも人気のひとつだと言えます。

南国沖縄らしいスイーツのひとつ『ブルーシールアイスクリーム』も有名ですね。1948年の創業当時は県内の米軍基地で働く人たち向けにつくられたそうですが1963年に基地外にも直営のパーラーを設置し販売を始めました。

沖縄の暑さにアイスクリームはどんどん売れたちまち人気のお店となりました。今では東京や大阪・九州など全国にも店舗が出されるようになっています。沖縄のどんなに小さなスーパーや商店にも『ブルーシール』のアイスクリームはカップなどで売られており沖縄の人たちの定番のアイスクリームとして定着されました。

店舗には沖縄ならではの紅イモ・マンゴ・サトウキビ・塩ちんすこうといったフレーバーも人気で常時30種類以上が取り揃えられています。乳脂肪分が少なくコクのある味で大人から子供、また日本人だけではなく沖縄に住む外国人にまでも愛されるアイスクリームとなりました。

味はもちろんのことですが色合いも南国らしい赤や水色や黄色と派手な色を使い目でも楽しめるところが特徴です。またパーラーから始まっていると言うこともありアイスクリームだけではなく種類豊富なハンバーガー・ホットドッグそれにパスタも取り扱っている店舗もあるので軽食におすすめな場所のひとつです。