見所満載だから全く飽きない

沖縄の人が知る穴場のひとつに『海中道路』があります。県中部のうるま市というところにあり海に埋め立てられた道路です。

4.7kmにもなる道路は左右どこを見渡してもエメラルドグリーンのキラキラしたうみを車から眺めることはできます。

通行料は無料でその先には車で行ける離島、平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島の4つの島と繋がっており行く先々でリゾート気分を楽しむことができるのです。ドライブがてら海や空を見て癒されるのも良し、夏にはバーベキューを楽しむのも良し、都会から離れてゆっくりとした気分を味わえることでしょう。

カフェにも穴場があります。こちらも県中部の北中城という地域に外人住宅を改装してできたカフェがたくさんあります。沖縄県以外ではなかなか外人住宅にはいる機会がないとは思うのでどのような感じの造りなのかを体験しながら沖縄料理など美味しい料理を楽しむことができると思います。

海も近いということから景色も抜群で夜はバーなどをしているところもあるのでお酒好きの人も楽しめます。元々は住宅だったため奥ばった場所など静かなところに開店しているお店がほとんどなのでこちらもゆっくりとしたい方におすすめな場所です。

『倉敷ダム』も地元の人で知らない人はいないとされる穴場です。またも県中部のうるま市にあるのですが琉球石灰岩風の外観が魅力のひとつで広大な公園となっており展望台や多目的広場などがあります。

また遊ぶだけではなくダムの役割などを学ぶことができ夏には自由研究の題材として子供を連れての観光にもおすすめです。浅瀬の川もあり小さなお子様と一緒に遊ぶこともできます。

園内には自然がそのままになっているので鳥などもたくさんいてバードウォッチングを楽しんだり魚道で泳いでいる魚を眺めたりとこの『倉敷ダム』では数多くの楽しみ方ができます。観光ばかりでちょっと疲れた体を癒すため散歩がてら『倉敷ダム』に寄り道することもいいもんですね。

ココで書いた穴場スポットには中部地区が多いのですが沖縄県は他にも海の穴場や食の穴場が数多く存在します。テレビなどで特集されてる場所も良いのですが地元の人に聞くとまた違った楽しみ方をする事ができますよ。

最後に沖縄は基地があるためアメリカとの良い意味でも悪い意味でも深い関わりがあります。しかしせっかく観光で沖縄を楽しみに来たのなら歴史も十分にふまえながら空を飛んでいる米軍機もまた沖縄の観光景観のひとつとして見るのもおすすめです。