県外に無いケーキも多々ある

沖縄のお土産の定番は今も昔も『ちんすこう』が一番人気です。沖縄の伝統のお菓子のひとつで小麦粉と砂糖とラードで作られている焼き菓子です。

ばら売りにされており沖縄の人にとっては小さい頃から駄菓子としても食べられています。一昔前まではそんなに種類がなく『ちんすこう』のお土産に飽きていましたが今ではチョコーレートがかかった『ちんすこう』や味にもたくさんのバリエーションが販売され再び人気となりました。特に人気が出てきたのは「雪塩ちんすこう」で甘さ控えめな『ちんすこう』にほんのり塩味をつけたので甘いものが苦手な人でも美味しく感じられるどちらかと言うと大人の『ちんすこう』と言った感じでしょうか。

沖縄のお土産なので沖縄特産の食材も使われた種類もあり程よい香りの紅イモ味やさっぱりとしたパイナップル味などが人気です。中にはちょっと変わったゴーヤー味や泡盛味などがあり苦いものやお酒が苦手な人でも沖縄の味を楽しむことができるお菓子ではないでしょうか。

御菓子御殿の『元祖紅いもタルト』も人気商品です。沖縄のお土産として定着し出したのはここ10年ぐらいのことでしょうか。紅いも100パーセントの餡をバター風味豊かなタルトの上に盛り上がるように乗せてあり見た目も色鮮やかな真紫色で何と言っても味がもろ紅いもでとても食べ応えのある一品です。

沖縄で作られた紅いも自体をお土産に持っていくためには検疫でひっかかたり検査などとても難しいのですがこの『紅いもタルト』だと100パーセント紅いもでできているので素材そのままの味と変わらぬ味わいを楽しむことができます。沖縄では紅いものように持ち出しが困難な食材があるのでお土産として持っていくときにはお菓子や加工食品として売り出されている特産物を探すのも楽しみの一つですね。

沖縄には『ジミー』という洋菓子屋さんがあります。そこにはアメリカンなお菓子やクッキーなどが揃えられており中でも『ジミー』のクッキーはお土産の定番となっています。

10種類のバラエティー豊かなクッキーが入った「トロピカルクッキー」やカリッとした食感にブランデーの風味が味わえる「ブランデークッキー」、ナッツやレーズンをたっぷり使った「スーパークッキー」などが人気で職場や人が集まる場所用に買っていく人が多いようです。他にもココナッツやバタークリームを使った沖縄の定番ケーキ「ジャーマンケーキ」もお土産用があるのでこちらは沖縄らしい特におすすめの商品です。